【プレイレビュー】簡単でやめられない「ダンジョンメーカー」

6月に入ってそろそろ梅雨も本番ですね。蒸し暑い感じが続きますね。前回言葉遊びが夢中になるスマホゲーム「コトダマン」を紹介しましたが、今回もオヤジが簡単にハマれる面白いスマホゲームを見つけたので紹介したいと思います。

ちなみに今回は基本無料ゲームではなく、最近では珍しい有料ゲームです。普段課金しない方は結構ハードル高いかもしれませんが、有料といってもiOS版360円、Android版310円です。このくらいの金額なら損しても大丈夫と思われるなら購入しても損はないと思います。とりあえず以下レビューしますので参考にしてくださいね。

ちなみにこのゲームはこんな方に向いてます。

・少しやりごたえのあるゲームがプレイしたい
・スマホを横持ちプレイOK
・ドット絵のキャラが好き
・タワーディフェンスが好き
・作業プレイは苦にならない
・ハマると止め時を失います(もちろん人にもよります)

さて、このゲームはどんなゲーム化というとマス目に配置する、ディフェンスゲームという感じです。自分が魔王となり、ゲーム画面のマス目に罠と味方のモンスターを配置することで、なだれ込んでくる「勇士」を撃退するというゲームです。

マス目も9マスという鉛筆で描いたようなラフなマス目。チャラ描きなので少し拍子抜けするんですが、これが慣れてくるとまったく気になりません。とにかくドット絵のキャラがいい味だしてるんですね。

ちなみにユーザー評価も良く、Google Playでの有料ゲームランキングでもレイトン教授、マインクラフトを抑えて見事に1位を獲得しています。無名のゲームアプリが1位を取ることは非常に稀なんです。


▲2018年6月現在のランキング ダンジョンメーカーが1位

 

ダンジョンメーカーはどんなゲームなのか?

 

①ゲームの流れ


最初にドット絵のかわいい魔王?を選ぶことができます。最初は御覧のとおり、2体のどちらかしか選べません。ゲームを進めることで、いろんな魔王を使用することができます。

 


選んだら以下のカードが並んでいるフィールドへ進みます。神経衰弱のようなカード群ですが、一番手前にあるカード3つの中から選びましょう。戦闘のほかに宝箱がもらえたり、アイテムが購入できるカードもあります。これを選びながらボスが居る奥へ進んで行きます。それでは簡単な「一般戦闘」のカードを選びます。

 

②戦闘画面


戦闘画面を入ると、左側の大きな魔王がプレイヤーです。この魔王の緑ゲージが無くならない限りは、ゲームオーバーになりません。攻撃してくる勇士を全滅させたらステージクリアです。

右手からいきなり敵(勇士)たちがマス目を通ってたくさん押し寄せてきます。戦闘は自動で行われ、右下のアイコンは魔王のスキルです。時よりこれをタップすることで、スキルが発動するんですね。

 

③クリア報酬

ステージをクリアすると必ず何か報酬が貰えます。

モンスター培養卵(左)
モンスターを1体増やすことができます。マス目に配置して自陣を強化することができます。

魔王強化カード(中央)
主人公の魔王を強化することができます。

待ち伏せ(右)
9つのマス目に設置することで様々な効果を持たせることができます。敵を撃退する罠を仕掛けます。

毎回クリア後に3つのアイテムから選択することができ、強化していくことができるんですね。

 

<モンスター配置>


マス目をモンスター配置可能な「戦闘部屋」にするとモンスターを配置できるんですね。それでどんどん強化していきます。

 


あれよ、あれよ~という間に自陣のマス目はすべて僕のモンスターでがっちりと固められてます。さあ、どこからでもかかってこい!という感じでますます面白くなってくるんですね。基本は正直それだけなんです。これを繰り返していくんです。でもこれがなかなか止められないほどハマるんですね~。

最初からプレイでも萎えることがないゲーム性

残念ながら魔王HPが0になるとゲームオーバーになるのですが、コンティニューというより最初からのプレイになります。普通なら「ええっ!やってらんないよー!」ってなるんですが、これがならないのですよ。このゲーム。

仕方ないなぁ~それじゃ今度はもっと配置をあーして、こーして生き延びてやるかっ!ともくもくと繰り返すんです。ゲームオーバーになると魔王のスキルレベルが上がってゆくので全くゼロから始まるのではないんです。だからこそこれがまたやり直しになっても全く飽きることなくプレイを再開してしまうんですね。

まとめ

今回は私のようなオヤジ世代でもプレイが簡単でしかもハマれるゲームを探してみたところ、かなりハマれるゲームを見つけました。これは昔ゲームにどっぷりとプレイした経験がある方にはもってこいのゲーム性だと思いますよ。でも、あまり時間がない忙しい方はプレイしない方がいいかもしれませんね。かなり時間を取られますよw

それでは、また楽しめるゲームがあればご紹介しますね~!