iPhoneのアプリの自動削除を設定・解除する方法

iPhoneの容量不足になった時、アプリを削除しなくて良い方法

iphoneの機能でアプリを自動削除してくれる機能があります。写真や音楽などを追加し過ぎてしまい、ついストレージの容量がいっぱいになった時に便利な機能です。アプリは完全に削除したくないけど、一時的に容量を確保したい方には最適な方法です。

アプリの自動削除の設定方法と解除方法

前項で説明した通り、iOS11から登場した自動的に使わないアプリを一時的に削除してくれる機能の設定方法を紹介します。

iphoneのアプリ自動削除設定方法

iphoneのメニューから「設定」アイコンを開き、設定から「iTunes Store と App Store」を選択します。 「iTunes Store と App Store」の画面から下にスクロールすると 「非使用のAppを取り除く」があるので、これをオン(緑)にします。

アプリを手動で削除する方法

上記で説明した自動削除を選択すると端末側が自動的に、使用頻度が少ないアプリを一旦削除してくれます。しかし、いざ使いたいときにダウンロードが必要になり、不便に感じることもあります。そこで自動機能は使わず、個別にアプリを削除する方法が設定できます。ここでは、個別削除方法を紹介します。

アプリを手動で削除する方法

アプリの個別削除の方法は、「設定」→「一般」→「iPhoneストレージ」から個別のアプリを選択します。「Appを取り除く」を選択します。間違ってAppを削除を選ぶと全てのデータが削除されますので注意しましょう。

まとめ

この記事では、私がiphoneを使って便利だという機能を紹介しました。スマートフォンでは、長年使っているとストレージはすぐに一杯になります。この自動削除機能を使うと知らぬ間にデータ容量を調整してくれるのでとても便利です。

しかし、その反面で自動的に削除されるので、PayPayなどのQRコード支払いをするときに勝手に削除されており、レジで迷惑をかけたことがありますので注意が必要です。便利な機能は上手に使ってくださいね。